HiQ Life

働き方改革があなたに与える効果は?柔軟なワークスタイルの実現方法

多様な働き方が可能な社会の実現に向け、2019年より施行された働き方改革。2008年をピークに人口が減少している日本では、労働人口を増やし、労働生産性を高めるため、働くスタイルの多様化が必要となっています。そんな中、働き方改革とは、どのような需要と効果を生み出しているのでしょうか?ここでは、働き方改革によって変化するワークスタイル、そして、多様な働き方を実現させるための具体的な方法についてご紹介します。

働き方改革の目的とは?

働き方改革の背景には、少子高齢化に伴う生産年齢人口の大幅な減少や、家事や育児、介護との両立など働く人のニーズが多岐にわたるようになったことが挙げられます。こうした課題を解決するためには、働き手を増やすこと・労働生産性を上げること・出生率を上昇させることが重要となってきます。そのため、働く人の個々の事情に合った多様な働き方を選択できる社会の実現を目的として「働き方改革」が施行されました。

具体的な取り組み

では、働き方改革によって実際にどのような改革が行われているのでしょうか?
働き方改革の3つの柱は次の通りであると言われています。

一つ目は、長時間労働の改善です。働き方改革関連法案の施行に伴い、残業時間の上限が設けられました。従って、長時間働くことが美徳とされていた風潮が収まり、原則である月45時間を超えることができるのは年間6か月までとなっています。

二つ目は、非正規と正社員の格差の改善です。日本では、雇用者の約4割が非正規雇用労働者であると公表されています。しかしながら、非正規社員は正社員の時給の約6割に留まっており、2者の間には不合理な待遇差があることを政府も認めています。そこで、厚生労働省は、2020年の4月から「同一労働同一賃金」を施行し、同じ付加価値をもたらす人には同じ賃金を支払わなければならないということが法律で定められます。

三つ目は、硬直した働き方の改善です。労働意欲はあっても、出産や育児、介護などにより働き続けることが困難になる人は多くいます。また、定年を過ぎてもまだまだ働くことのできる高齢者は多数います。そこで、解決策として取り入れられつつあるのがリモートワークという柔軟なワークスタイルです。勤務場所と労働時間が制限されないことで、高齢者や女性が長期間社会で活躍できるようになってきています。

働き方改革がもたらすワークスタイルの変化

柔軟な働き方を実現させるため、働き方改革関連法に加えて、副業・兼業に関する規定も新設されました。厚生労働省は、「副業や兼業は、新たな技術の開発、オープンイノベーションや起業の手段、そして第2の人生の準備として有効である」として、積極的な普及と促進を図っています。日本企業の多くは、副業を厳禁にしているケースがほとんどでしたが、働き方改革によって大企業を中心に解禁されつつあります。

労働人口が減少している現在、ひとつの会社に縛られる働き方のままでは、働き手は益々足りなくなってくることが予想されます。そこで、副業が解禁されれば、主な仕事を終えた後に、他の仕事に就いて人手不足を緩和する手助けも担えるのです。クラウドソーシングが充実してきた近代社会では、パソコンとネット環境さえあればいつでも副業が可能な時代となっています。このようなIT環境の変化も副業のハードルを下げ、身近に感じさせている要因の一つと言えるでしょう。

副業や兼業を行う理由としては、スキルアップや収入の確保、資格の活用など様々で、副業・兼業を希望する人の割合は年々増加しているそうです。働き方が多様化してきているだけでなく、働く人の意思や意欲も多様化していることが分かります。

また、働き方改革に取り組む企業は、主にフレックスタイム制度やリモートワークを取り入れるところが多いです。フレックスタイム制度とは、従業員が自分で仕事の開始と終了の時間を決められる制度のことを指します。フレックスタイム制を導入することで、通勤ラッシュによるストレスや疲労を避けられたり、自分に効率の良い時間配分が行えるので残業時間を減らしたりすることもできるのです。

リモートワークは時間や空間に制約されないため、働き方改革が進められる今、特に注目を集めているワークスタイルです。ITの発展により、遠隔地からでも効率よく仕事を行うことが可能になっています。スマホとITサービスを組み合わせたり、クラウドを活用したりしていくことで、リモートワークによる生産性向上の効果がより期待できると言えるでしょう。

働き方改革のメリット・デメリット

続いて、働き方改革で仕事の仕方や環境が変化することによって、どのようなメリットとデメリットがあるのかについてご紹介します。

①従業員のメリット・デメリット

従業員のメリットは、長時間労働の是正に伴い、自由に行動できる自分の時間が増えることです。家族との時間がゆっくり持てたり、趣味やスキルアップのために時間を費やせるようになったりすることで、心身の健康やストレスの軽減にも繋がるでしょう。結果的に、生産性が上がり、仕事に対するモチベーションの向上も期待できそうです。

従業員のデメリットは、限られた時間でタスクを終わらせる必要があるため、業務を更に効率化しなければならないということです。一方で、労働時間の短縮によって、得られる給料は減少してしまうことが懸念されます。会社の仕組みを改めた上で、効率化を図ることが大事になってきますね。

②企業のメリット・デメリット

企業のメリットは、労働時間が減少することで、余分な残業手当等を支払う必要がなくなり、人件費の削減に繋がることです。加えて、従業員は短い時間の中で成果を出すことが求められるため、時間単位当たりの生産性の向上が期待できます。そして、リモートワークなどの先進的で柔軟な働き方は、有能な人材の確保や求職者へのアピールにもなります。

企業のデメリットは、労働時間が短縮されることで未完の業務が増える恐れがあるということです。回せる案件数が少なくなり、利益の減少が起こることも考えられます。その他、事務作業を効率化させるためのツールの導入費等のコストも発生するでしょう。こうしたコストに対して国が一部負担をしてくれる「時間外労働等改善助成金」などを利用しながら、円滑に働き方改革を進めていきたいですね。

働き方改革の一歩はHiQから!

働き方改革を進めていく中で、そのメリットをいち早く実現できるサービスがHiQです。HiQこそ、時代の流れに合った働き方改革と言えるでしょう。その理由について、詳しくご説明します。

HiQの特徴

生産性の向上が求められる現代社会において、働く場所や空間の快適さは効率アップに欠かせない大きなポイントとなっています。そんな環境を提供するのが、地方物件のシェアリングサービス、HiQです!

HiQなら、自分の好きな場所を選んで旅をするように、そして移住するような体験をしながら働くことができます。HiQを活用することによって、現地に行っての手続きや物件の購入、初期費用を払って賃貸するリスクなどが一切ありません。さらに、予約から決済まで全てオンライン完結なので、スマホ一つで明日から入居できるのも嬉しいですね。家具家電や各種インフラも整えられており、滞在環境はバッチリです。働き方改革が推奨しているリモートワークやワーケーションなどの、多様な働き方がHiQを使って可能になります。働き方改革で推し進められていることが、HiQで叶えられるということですね。

いつもの場所を離れて、心地よい空間で、あなたの働き方改革を!
HiQで実現してみませんか?

HiQの詳しい記事はこちら

RELATED POSTS

  • 新型コロナウィルス(COVID-19)を乗り切るには!? WHAT
  • 気軽に田舎で生活!!プチ移住とは? WHAT
  • 自由に旅をしながら暮らすノマドワーカーの現実とは!? WHAT
  • HiQ(ハイク)って何?地方物件のシェアリングサービス登場!! WHAT
  • 在宅勤務で発揮する効率的な仕事術!地方にも広がる新しい働き方とは!? WHAT
  • 日本にも拡がるテレワークという働き方!効率よく成果を出すコツをご紹介! WHAT
  • 働き方改革があなたに与える効果は?柔軟なワークスタイルの実現方法 WHAT
  • ワーケーションで企業が変わる!地方で旅するような新しい働き方とは? WHAT
  • ブレジャーの意味をご存じですか?日本では馴染みのない「出張+休暇」って? WHAT
  • リモートワーク、体験してみませんか?地方でできる自由な仕事術。 WHAT
Loading…