HiQ Life

【日本三大朝市】佐賀県呼子朝市で海の幸を堪能!

佐賀県唐津市にある呼子の朝市。名物の呼子イカをはじめ、新鮮な魚介類や採れたての野菜に果物、露店によって違う味が楽しめる漬物や干物などが200m程の通りの両側にずらりと並びます。これは早起きして行く価値満載のボリュームです!

【おすすめ観光地】呼子朝市の歴史と日本三大朝市

呼子朝市の歴史の始まりを辿ると、江戸時代にまで遡ります。捕鯨で栄えていたその頃、漁師が鯨肉や鮮魚を、農家が農産物を持ち寄り物々交換したことが始まりと伝えられています。大正時代に入り、漁師のお嫁さんたちが魚介類や加工品をリヤカーなどで運びこみ、観光客向けに販売した形が現在にも引き継がれています。

つまり、今の朝市の形は大正時代から続く、約100年ものの昔ながらの形態ということですね。大正初期には、魚が取れたときだけ市ができる程度でしたが、呼子の港に大きな船が着くようになってから次第に人が集まるようになり、朝市として機能するようになったそうです。

呼子の朝市は、石川県の『輪島朝市』、千葉県の『勝浦朝市』、に次ぐ規模と歴史を持つことから、日本三大朝市の一つに数えられています。近年では、岐阜県の『宮川朝市』も含め日本四大朝市とも呼ばれているようです。呼子朝市は元旦を除いて毎日開催され、平日には約50店、日曜祝日には約70の露店が並び、朝から呼子の町を賑わわせています。

【地方の魅力】親しみやすさの秘訣は、笑顔と訛り!

お手頃で美味しい海産物や野菜と同じくらい呼子朝市に魅力をプラスしているのが、露店のおばあちゃんたちとの会話や触れ合いです。「見ていかんね~!」「おいしかよ~!」と元気な掛け声は朝から通りに響き渡り、朝市をいつも活気で溢れさせています。素敵な笑顔で迎えてくれ、おまけをしてくれたり、美味しい調理方法や食べ方を教えてくれたりするおばあちゃんたちの優しさに、心がほっこりと温まること間違いなしです。

また、その場で試食をさせてくれる露店も多数あり、吟味して購入することができますよ!「ひとつ食べてみらんね?」「ちょっと味ば見ていき~」という言葉に誘われて、いくつものお店に立ち寄ってしまいます。
豪快なウニを目の前で割って食べさせてくれるところや、朝市に50年も通い続けるベテランさんが作った自家製味噌の濃厚なお漬物など…試食だけでも幸せいっぱいになれそうです。他にも様々な露店で声をかけてくれて、試食を楽しみながらお買い物ができるのも朝市の醍醐味と言えるでしょう。

露店は男女の役割分担がきちんとされていて、大体が漁師である旦那さんや息子さんがその日に捕ってきた新鮮な魚介類を、お嫁さんがお店で販売するという家族が多いです。こうして、リレーされた獲れたてのイカや魚をリーズナブルに、そしておばあちゃんたちとのお喋りで癒されながら、手に入れることができます。

【絶品グルメ】おすすめはイカの一夜干し・あじ干物・さばみりん

風物詩とも言える「いかぐるぐる」は、イカの一夜干しを作るための回転乾燥機です。ぐるぐる回るイカたちは、高速回転による乾燥と、太陽に照らされ天日干しされることで美味しく出来上がります。呼子の名物であるイカの一夜干しは、日本で誇れるトップクラスの絶品!ぜひ朝市でお買い求めくださいね。

そして、あじの干物やサバのみりんなどは、お店ごとに味が違うのがまた楽しいポイント!
更に、サザエやアワビも豊富なので海鮮焼き好きにはたまらないスポットです。

パワフルな掛け声が行き交い、非日常の異空間で買い物ができる呼子朝市。
市場の活気と温かな雰囲気を味わいながら、新鮮な玄界灘の魚や採れたての地方野菜を買い求められる呼子朝市に、一度足を運んでみませんか?

呼子朝市の詳細について

住所佐賀県唐津市呼子町呼子朝市通り
営業時間7:30 ~ 12:00
アクセスJR/JR唐津線、筑肥線唐津駅からタクシー利用で30分。       バス/大手口バスセンターより昭和バス呼子行きで30分、バス停呼子で下車、徒歩2分
呼子観光案内所 TEL0955—82—3426
定休日1月1日
駐車場専用無料駐車場あり(普通車29台)、有料駐車場(128台、1時間以内100円)

RELATED POSTS

  • 佐賀県唐津にある完全無添加スイーツ【たまご色のケーキ屋さん】 呼子
  • 【物件紹介】佐賀県 HiQ呼子 呼子
  • 【観光におすすめ】佐賀県呼子の海中レストラン「萬坊」 呼子
  • 【日本三大朝市】佐賀県呼子朝市で海の幸を堪能! 呼子
  • 【観光にオススメ】呼子 波戸岬の水族館とサザエの壺焼きを堪能!! 呼子
Loading…