HiQ Life

在宅勤務で発揮する効率的な仕事術!地方にも広がる新しい働き方とは!?

近年では働き方革命が進み、テレワークという言葉を耳にするようになりました。効率的に業務をすすめるためにリモートワークや在宅勤務を取り入れる企業が増えてきています。また、さまざまなSNSやアプリケーションなどのIT技術が進むことにより、在宅勤務でも効率的に仕事ができるようになってきています。都心部から地方までも広がりを見せている新しい働き方には、どんなものがあるのかご紹介していきます。

在宅勤務とは?毎朝の通勤から開放される新たしいライフスタイル

在宅勤務という言葉を聞きますが、そもそも在宅勤務とはどのような勤務のことをいうのでしょうか?在宅勤務は、会社に出社せず、自宅で働く形態の勤務のことを言います。在宅勤務は、基本的に企業に雇用されており、在宅勤務をしている方が多く、元々は、デザイナーやエンジニアなどのパソコンやITを使った技術者に多い勤務方法です。

しかし、最近では企業側もコストの削減や、また雇用している側の育児や介護などの問題の解決のため、在宅勤務をとっている企業も多いようです。在宅勤務になると毎朝の通勤などもなく、時間にも余裕ができ、家事や育児などと合わせて働くことが可能なので、その人のライフスタイルに合わせて働くことができる新しい働き方の1つです。

在宅勤務とテレワーク、リモートワークとの違いは?

在宅勤務の他にも、テレワークやリモートワークというような言葉を聞きますが、何が違うのでしょうか?テレワークは、tele=離れた、work=働くという意味です。また、リモートワークも「remote」=遠隔、遠い、「work」=働くを組み合わせた造語です。ですから、どちらも遠くで働くという意味で使用されており、根本的には違いはありません。

言い方が違うだけで、テレワークとリモートワークは一緒の意味だと思っておいてもいいでしょう。ただし、テレワークもリモートワークも業務委託先や仕事を受ける側でルールが少しずつ異なってくる場合がありますので、テレワークやリモートワークで仕事をする場合は、取引先と確認を取るようにしましょう。一方、在宅勤務は、テレワークやリモートワークのように遠くで働くという意味では、テレワークやリモートワークの中の一種の勤務形態という位置づけになるようです。

在宅勤務は取り入れる企業や従業員にもメリットがたくさん!

在宅勤務は取り入れる企業や従業員にもメリットがたくさんあります。企業側のメリットとしては、従業員が通勤する必要がなくなり、出張なども必要なくなるので交通費などのコストを抑える事が可能です。また、在宅勤務を推奨することで、従業員側のワークライフバランスを重視でき、企業側のブランドイメージもあがります。

そうなってくると、従業員側のライフスタイルに合わせた業務ができるので、作業も効率的になり、業務改善にも繋がります。従業員側からも働きやすい会社になるので、コスト削減以外にも良質な人材が確保でき、離職率の改善にも繋がります。

従業員側のメリットは、通勤時間が短縮できるので、育児や介護など自身のライフスタイルに合わせて仕事を進めていくことができます。自宅の落ち着いた環境で仕事ができるので、1人の環境で集中して仕事に取り組むことができるというメリットがあり、作業効率もあがります。

また、効率的に仕事を行おうという姿勢にもなるので、自然と業務改善しようという意識にもなります。例えば、資料の電子化、仕事効率化のアプリケーションやITサービスを取り入れるといったものです。そうすることで、従業員側も企業側もエコな仕事の仕方ができ、資料の無駄な印刷などもしないので、印刷物や用紙などの経費削減にも繋がります。

在宅勤務にはまだハードルも残っている

在宅勤務のメリットをお伝えしていきましたが、まだまだ在宅勤務には改善すべきところがあり、ハードルが残っています。在宅勤務でできる作業は、効率的に行うことが可能ですが、逆に難しいものになってくると、関係者とのコミュニケーション不足になりがちです。コミュニケーション不足により、上手く伝達ができておらず、双方のやり取りにずれが生じることが稀にあります。

最近では、WEB会議などでアプリケーションを使い、会議に参加することも可能なので、社内の会議にWEB上から参加するなどのスケジューリングも行うことが必要となります。また、在宅勤務になると、企業情報などの電子化により、セキュリティ面を強化する必要があります。ただし、そのようなセキュリティソフトを導入するには、システム料などがかかってしまいます。

また、ソフトなどに関しても自宅のパソコンに導入するのであれば、会社と同じアカウントでログインできない場合は、別途費用が必要になる可能性もでてきます。ですから、セキュリティや業務で使用するソフトなどをどこまで企業側が負担するかや、企業と同じアカウントで自宅でも使用するかなどの細かいルールを決める必要がでてきます。

また、勤務管理が複雑になるのも問題点としてあげられます。特に在宅勤務は、単価での仕事ではなく、時間で区切られた雇用形態なので、勤務時間と休憩時間の線引きが難しくなってしまいます。WEB上での勤怠管理システムもありますが、時間勤務の場合は、どのようなルールで線引きするかがとても重要になってくるようです。

家で働くならテンションの上がる家を選ぼう!

在宅勤務になると、家で働く時間が多くの割合を締めます。家で働くなら、心地よく、仕事がしやすい家で効率的に仕事ができたらいいですよね。家で勤務する際には、やはり居心地のいいデスクやデスク周りの環境、またドリンクやWiFi環境が安定しているかなども重要なポイントとなっていきます。在宅勤務を行うなら、テンションの上がる家を選ぶようにしましょう。

HiQについて

HiQのサービスでいつもの場所を少し離れた、あなたの感性を刺激する素敵な場所を見つけてみませんか?HiQでは、気になるエリアで旅するように暮らしながら働くことができます。リモートワークも効率的にすすめていけるように、居心地のいい環境で仕事を進めていきましょう。

HiQの特徴

1.気になるエリアに最短1週間~ 暮らすことができる体験を実現

予定に合わせ拠点を選び、旅をするように暮らしながら働くプランニングが可能です。
法人様の場合はメンバー向け福利厚生としてワーケーション・リモートワーク施設として、個人様の場合は、多拠点生活、プチ移住体験におススメです!

2.物件の購入や初期費用を払って賃貸するリスクはなし

リスクのある購入や、敷金・礼金、保険証、仲介手数料を支払っての賃貸契約をする必要は一切ありません。
最短1週間〜の、滞在日数に応じた課金のみで気になるエリアに暮らすことができます。

3.面倒な手続きは不要。スマホアプリ完結の予約と決済で 明日から入居可能

わざわざ現地へ行っての面倒な手続きは不要です。
オンライン完結だから空き時間にいつでも物件を予約できます。

4.物件は全て貸切り。家具家電・各種インフラをご用意 あなただけの充実の滞在環境を準備

物件は一軒家やマンションの一室単位で全て貸切り。物件毎にコンセプトとインテリアを設計。
地方で色んな体験をしながらも働けるように各種インフラも全てご用意しております。費用も全て滞在金額に含まれています。


ライフワークを自由に楽しく、居心地良く働くことをHiQで始めてみませんか?

HiQの詳しい記事はこちら

RELATED POSTS

  • 新型コロナウィルス(COVID-19)を乗り切るには!? WHAT
  • 気軽に田舎で生活!!プチ移住とは? WHAT
  • 自由に旅をしながら暮らすノマドワーカーの現実とは!? WHAT
  • HiQ(ハイク)って何?地方物件のシェアリングサービス登場!! WHAT
  • 在宅勤務で発揮する効率的な仕事術!地方にも広がる新しい働き方とは!? WHAT
  • 日本にも拡がるテレワークという働き方!効率よく成果を出すコツをご紹介! WHAT
  • 働き方改革があなたに与える効果は?柔軟なワークスタイルの実現方法 WHAT
  • ワーケーションで企業が変わる!地方で旅するような新しい働き方とは? WHAT
  • ブレジャーの意味をご存じですか?日本では馴染みのない「出張+休暇」って? WHAT
  • リモートワーク、体験してみませんか?地方でできる自由な仕事術。 WHAT
Loading…