HiQ Life

自由に旅をしながら暮らすノマドワーカーの現実とは!?

数年前からノマドワーカーと呼ばれる仕事の仕方が増えてきました。では、実際にノマドワーカーで働く際には、どのようなノマドライフを送ることができるのか?節約術、生活の仕方やどのような持ち物を使用したら、快適に自由に旅をしながら暮らすことができるのか確認していきましょう。また現実と実際にどのくらい差がでるのかをご紹介していきます。

ノマドワークとは?リモートワークやフリーランスとの違いは?

ノマドワークとは、特定の場所にとらわれずに、パソコン一台でカフェなど自分の好きな場所で自由に働くスタイルのことを言います。通常のノマドライフを送る人達は、WiFiや充電器などを持ち歩き、スーツケースやリュックなどで自由にさまざまな場所を自由に旅をしながら、仕事をしていきます。

最低パソコンとWiFi、充電器があれば、どこでも仕事ができてしまうのが特徴です。それに対して、リモートワーク会社に所属しており「remote」=遠隔遠い、遠くで働く、「work」=働く という意味があります。リモートワークは、パソコンを使い、遠隔で働くことを指します。リモートワークに関しては、遠隔で操作しているので、情報管理や情報漏えいに関しては、厳重な注意が必要です。

カフェやコワーキングスペースなど自由な場所で操作できるため、席を離れる際には、パソコンを持っていく、目の見える範囲内であれば、パソコンの画面ロックして離れるなどする必要があります。また、ソフトウェア内に関してもセキュリティソフトを入れて、情報にブロックをかけておくことをおすすめします。企業などとやり取りをする場合は、大事な情報を入力しなければならないこともでてきます。その際にセキュリティソフトが入っていないと、外部に情報が漏れてしまう可能性があるので、セキュリティ関係は十分に警戒しておくようにしてください。

テレワークとノマドワークの違い

テレワークという言葉は、「tele」=離れた所 「work」=仕事という意味で使用されています。テレワークは、基本的に離れた場所で仕事をする働き方のことを指しています。ノマドは、フランス語で「遊牧民」という意味で、本来は、「定住地を持たず、移動しながら暮らす人々」のことをいいます。自由な時間に好きな場所で仕事をする人たちのことを指すようになりました。

一方、フリーランスに関しては、会社や団体に所属せずに、仕事に応じて契約を取る人たちのことをいいます。フリーランスは、基本的に企業に雇用されていない人たちのことなので、フリーランスでも個人事業主の場合もありますし、法人の場合もあります。職種は、ライターやカメラマン、デザイナー、プログラマーなどの職種が多いようです。

ですから、根本的にフリーランスもノマドも特定の場所ではなく、自由な時間に好きな場所で仕事をする、また企業に雇用されていないといった点では、ほぼ違いはありません。気をつけないといけないのは、フリーランスもノマドも自由度は高いですが、企業に雇用されていないので補償がありません。急に仕事がなくなってしまったりする可能性もあるので、注意が必要です。その他、クライアント側の情報漏えいが出てしまったり、不慮の事故に合ったときにも、補償が全く出ませんので、フリーランス、ノマドの場合は、フリーランス協会の補償やフリーランス専用の保険に加入しておくことをおすすめします。

ノマドワーカーのリスクは?メリット・デメリットご紹介。

ノマドワーカーのリスクとメリット・デメリットをお伝えしていきます。ノマドワーカーは、特定の場所にとらわれずに、パソコン一台で好きな場所で自由に働けるのが魅力的です。その一方で、ノマドワーカーにはリスクやデメリットもあります。労働型ノマドワーカーの場合は、仕事を効率よく回していかなければいけないので仕事に追われてしまい、時間管理や配分、ペースがあがらないと、逆に大変で辛いです。

一方でノマドワーカーにはメリットもあります。メリットとしては、災害のリスクを回避できるということです。何か災害が起きたときに仕事ができなくなってしまうと、収入が入らなくなってしまう可能性があります。災害時にもノマドワーカーであれば、パソコン一台で仕事をすることができるので、何かトラブルがあったときにも安心して取り組むことができます。

ノマドワーカーはコスパよく生活すれば経費削減できる

また、その都度会社に出社するような通勤費がかからないので、経費を削減することができます。出社の必要がなければ、スーツ代もいりません。また、ノマドワーカーは「人との繋がり」が鍵となっています。多くの人と交流をもち、さまざまなノマドの働き方を知ることで、より効率的にパソコンを使い、いろんな仕事をすることができるようになります。また、他のノマドワーカーと出会うことで、仕事の仕方や最新のビジネス事情、コスパの良い国なども知ることができます。

ノマドワーカーの生活は実際めちゃくちゃ辛い!?

ノマドワーカーの良さをお伝えしていきましたが、ノマドワーカーの生活は実際にめちゃくちゃ辛いという話も聞きます。カフェなどの自分の好きな場所で自由に仕事ができるノマドですが、それと同時に社会的信用がなく、いつ収入がなくなるか分からないのが、不安の要素でもあります。ですから、自己管理ができないと生活費すら稼げなくなってしまう可能性があります。またネットが通じないと何もできなくなってしまうこともあります。

例えば、ライターなどで量をたくさん執筆しなければいけない場合に、かなり時間と労力が必要になってきます。ライターなどで記事を書く際は、スピードをあげなければ、お金を稼ぐ事ができませんので、しっかりと時間管理をし、自分を律することができなければ、きついだけだと言えます。

またノマドワーカーに関しては、収入が安定しないことが多いので、必要最低限の収入の確保をすることも必要です。また、どこでも仕事ができるのはいいことですが、時間管理や旅行日程などタイムスケジュールなども上手く自分で組めなければ、思い通りに仕事がすすんでいきませんので、タイムスケジュールの管理や1日で何をやるかというのも決めて、しっかりと実践していくことが大切だといえます。

ノマドワークで成功するための仕事やスキルとは?

ノマドワークで成功するための仕事やスキルにはどのようなものがあるのかお伝えしていきます。スケジュール管理や時間通りに案件を仕上げていく能力も非常に大切になります。そして、しっかり仕事の時間とプライベートの時間を切り分けて作業できるということも必要です。その他、仕事環境を整えていくことも非常に重要だといえます。パソコンを置くデスクや椅子、その周辺の環境なども整えていくことが大切です。

ノマドワークで成功するためには、まずは身の回りを整えて、心地いい環境にしていくことを第一に考えましょう。環境で仕事がどのくらい捗るかも変わっていきます。最初に仕事環境を整えるのに設備投資を惜しまないようにしてください。

また、SNSのツールを使ったやり取りなども増えていきますので、アプリケーションの基本的な使い方やスムーズにやり取りができるような設定を行っておき、いつでも直ぐに対応できるようにしておくことが大切です。また、資料の整理など、すぐにどこに何があるのかファイリングしておくことも必要です。ですから、作業部屋を作業しやすくしておくだけではなく、パソコン内やツールの掃除などもしっかりとおこなっておき、整理整頓を普段からクセづけておくようにしましょう。

中長期滞在型物件シェアリングサービスHiQについて

HiQのサービスでいつもの場所を少し離れた、あなたの感性を刺激する素敵な場所を見つけてみませんか?HiQでは、気になるエリアで旅するように暮らしながら働くことができます。

Wi-Fiや家具家電の生活インフラも整っており、最長2年の滞在が可能となっております。毎回めんどうだったホテル探しもHiQを使えば楽に滞在場所を見つけることができ、料金も滞在日数に応じた課金のみとなっております。ぜひ、検討してみてはいかがでしょうか?

HiQの詳しい記事はこちら

RELATED POSTS

  • 新型コロナウィルス(COVID-19)を乗り切るには!? WHAT
  • 気軽に田舎で生活!!プチ移住とは? WHAT
  • 自由に旅をしながら暮らすノマドワーカーの現実とは!? WHAT
  • HiQ(ハイク)って何?地方物件のシェアリングサービス登場!! WHAT
  • 在宅勤務で発揮する効率的な仕事術!地方にも広がる新しい働き方とは!? WHAT
  • 日本にも拡がるテレワークという働き方!効率よく成果を出すコツをご紹介! WHAT
  • 働き方改革があなたに与える効果は?柔軟なワークスタイルの実現方法 WHAT
  • ワーケーションで企業が変わる!地方で旅するような新しい働き方とは? WHAT
  • ブレジャーの意味をご存じですか?日本では馴染みのない「出張+休暇」って? WHAT
  • リモートワーク、体験してみませんか?地方でできる自由な仕事術。 WHAT
Loading…