HiQ Life

新型コロナウィルス(COVID-19)を乗り切るには!?

新型コロナウィルス(COVID-19)との付き合い方について、ご紹介していきます。新型コロナウィルスが始まってからは、自粛モードが高まり、いろんなことが制限されることが多いです。しかし、外出など制限されることが多い一方で、自由な時間を使え、今後の暮らし方や働き方を変えるチャンスともいえます。どのようなウィルスなのかを理解し、今後の暮らし方や働き方について考えていきましょう。

新型コロナウィルス(COVID-19)とは?

新型コロナウィルス(COVID-19)とは、4種類あり、1種類は風邪のような軽い病気を引き起こします。3種類は風邪よりももっと深刻で、息切れや激しい熱、光熱が続くようになります。新型コロナウィルス(COVID-19)に感染しても、多くの場合は症状がでないことが多いようです。ほとんどの方は、症状が出る場合も咳や発熱の軽症で終わります。一方で高齢者の方など、特病をお持ちの場合は、新型コロナウィルス(COVID-19)にかかると肺炎が急速に悪化してしまい、多くの場合、人工呼吸が必要になります。70歳以上の高齢者の方は、数週間で10%以上が亡くなっています。

3密「密閉、密集、密接」を控える

新型コロナウィルス(COVID-19)は、人から人へと感染し、拡がりを見せていきます。新型コロナウィルス(COVID-19)の拡大が予想されていますが、3密「密閉、密集、密接」を控え、賢く行動すれば、ウィルスは勢いを失います。国や自治体が中心となって、3密を呼びかけています。これまでの「勉強は学校で」「仕事は会社」でするという固定概念を違った捉え方で考え、まずは安心して暮らせるように工夫していきましょう。オンライン教育やテレワークの在宅勤務などに上手く切り替え、新型コロナウィルス(COVID-19)に対処していくことをおすすめします。

新型コロナウィルス(COVID-19)の収束時期はいつごろか?

新型コロナウィルス(COVID-19)の収束時期はいつ頃は、いろんなメディアで予測がたてられており、一概に言えないのが現状です。

早いものだと6月には、一時的な改善ができるのではないかとメディアも報じており、製造業や商業施設の一部が復活する予定といわれています。また、学校も秋には再開する予定になっている。

新型コロナウィルス(COVID-19)のワクチンに関しては、少なくとも1年〜1年半先の提供になるので、少し時間がかかるようです。

新型コロナウィルスの社会的免疫の成立期間

ワクチン接種を受ければ、免疫がつくのでウィルス接触しても、新型コロナウィルス(COVID-19)は発症しません。社会的免疫に関しては、一定の期間収束はない予定です。

今後予定の見通しも厳しく、社会的免疫が成立するまでは、あと2〜3年はコロナウィルス(COVID-19)の感染の完全収束はないだろうと言われています。

それまでは、徐々に街なども復旧されていきますが、徐々に元の生活に戻っていく部分、またこれから変わっていく部分の2通りに分類されることが予測されます。

ウィズコロナ・アフターコロナ対策とは?

コロナ期間にやっておくべきことは、さまざまですが、今後の経済も大きく変動していくので、資金の入と出をすべて見直す必要があります。

例えば、固定費の見直しです。ガス代や水道代、携帯電話の料金、WiFiの料金などを見直し、安いプランに変更しておくことをおすすめします。

ただし、ガス代や携帯・WiFiをセット割で同じ会社で契約している場合は、トータルで見るとその方が料金が抑えられますので、値段が安いからといって他社にすぐ乗り換えてしまわないようにしてください。また資金調達に向けて動いておくことも大切です。

新型コロナウィルス(COVID-19)の影響で経済的にも不安定な状態ですから、早めに下調べをして、自分にあった資金調達を見つけて、いいタイミングで手続きを取るようにしましょう。

資金調達も始まったばかりの場合は、申込みが混んでいる可能性が高いので、電話をするなどして、手続きがスムーズにできる時期を確認するなどの対策を取りましょう。

また、支出を止めること、無駄を抑えることも忘れずに行うようにしてください。

新型コロナウィルス(COVID-19)は、いつまで続くか不透明な部分が多いので、なるべく資金を手元に残しておくことをおすすめします。

今ある仕事をセーブするように心がける

新型コロナウィルス(COVID-19)の影響で、仕事に影響が出たり、業務が減る方や増える方は業種によってさまざまです。急に契約がなくなるようなことも予測されますので、そのような事態も踏まえつつ、動いていくことが大切です。まずは、今ある仕事を続けていくことをしっかりと心がけていきましょう。

また、いつから開始されるか分からないプロジェクトなども多く出てくるかと思いますが、すぐに切り替えてしまうのではなく、保留しておき、相手側から状況報告が来るまでは、待っておくことをおすすめします。慌てて仕事探しに出てしまっても、同じようなことになりかねませんので、冷静に判断をし、動いていくことをおすすめします。

先ほどもお伝えしましたが、資金調達などもできるように国が動いていますので、まずは手続きをして、先の長期的な計画を考え、行動していきましょう。今ある仕事をしっかりとこなしつつ、アフターコロナで働き方も大きく変わっていきますので、経済や世の中がどう動いているのかニュースなどもチェックしておくことも忘れずに行ってください。

新型コロナウィルス(COVID-19)が逆に大きく働き方を変えれるきっかけでもありますから、いいタイミングにすぐに動けるように、今から準備し、整えておくことが非常に大切です。

アフターコロナで成功する方法は?

アフターコロナーで成功する方法に関しても、ネットではさまざまな意見が日々出まわっています。新型コロナウィルス(COVID-19)で世界中で感染者が出ることで、経済にも大きな影響が出ており、誰もが明確に予測できない状況にあります。

東京オリンピックとパラリンピックは、2021年7月に延期になり、また東京でのオリンピック開催に向けても計画が進められており、アフターコロナに向けて多くの方が前向きに動いていることが分かります。ただし、いろんな場所で経済がうまくまわるまで時間がかかるということは、確実と言われています。

アフターコロナ後は、今までなかった「不確実性(uncertainty)」が生まれていきます。世界は誰でもいつでもどこでも移動できて、自由に経済活動ができるような環境が徐々に整っていく方向に進んでいます。

また、今後もさらにその方向に世界が進んでいくと予測されます。各企業のトップラインの国内業績が伸び悩む中で、安い労賃を求めて、生産拠点の国際展開をすすめ、生産性と効率性をぎりぎりまで最大化することで、売上が伸びなくても、利益を増やしていくことが可能になりました。

HiQについて

HiQのサービスをアフターコロナに上手く活用しませんか?HiQは、気になるエリアで旅するように暮らしながら働くことができます。アフターコロナ後のリモートワークの訴求率も増えていくことが予想されますので、HiQを通して効率的に、居心地のいい環境で仕事を進めていきましょう。

HiQの詳しい記事はこちら

RELATED POSTS

  • 新型コロナウィルス(COVID-19)を乗り切るには!? WHAT
  • 気軽に田舎で生活!!プチ移住とは? WHAT
  • 自由に旅をしながら暮らすノマドワーカーの現実とは!? WHAT
  • HiQ(ハイク)って何?地方物件のシェアリングサービス登場!! WHAT
  • 在宅勤務で発揮する効率的な仕事術!地方にも広がる新しい働き方とは!? WHAT
  • 日本にも拡がるテレワークという働き方!効率よく成果を出すコツをご紹介! WHAT
  • 働き方改革があなたに与える効果は?柔軟なワークスタイルの実現方法 WHAT
  • ワーケーションで企業が変わる!地方で旅するような新しい働き方とは? WHAT
  • ブレジャーの意味をご存じですか?日本では馴染みのない「出張+休暇」って? WHAT
  • リモートワーク、体験してみませんか?地方でできる自由な仕事術。 WHAT
Loading…